美山かやぶき美術館・郷土資料館

ブログ

○ バードコールを作りました。美山小学生が

2017年07月26日(水)

休館日に地元向けの「夏休み子ども企画」を開催!
2011年に展示をしていただいて以来、毎年お世話になっている「上杉裕一・正子さん」(今年は長女さんも)が、先生です。今回は「バードコール」
今までに制作したものは、カリンバ(弾く部分が金属のもの)(竹のもの)カズー(アフリカの笛・震わすところはスーパーの袋)虫笛(紙製・ぐるぐる紐を持って振り回す)・どろだんご(ピッカピカ)鳥の巣箱(桧皮葺き)など。
小学生の出来る作業で、自分の思いが表せて素材も道具も練りに練ってあり、驚くほどの完成度です!造形作品としてのセンスとゆうか、何をよしとするか、が、伝わってきます。
写真は完成作品を前に、食の改善委員会さんの美味しいカレー待ちの図。写真ではわかりにくいですが、枝と鳥のお腹に金属のネジが通っていて、回転によりきしむ音が、鳥の鳴き声に似ています。鳥の部分は、和紙・土・木くず・ベンガラなどの色材などで、調合したオリジナル粘土を持ってきてくださいました。みんな~鳴き声を出して、鳥とおはなししてね~
ちょっと宣伝。かや美販売コーナーに、上杉さんのカリンバ(5500円)と、カリンバソロCD(演奏:ロビン・ロイド)ブックレット付(2800円)置かしてもらってます。
002 004 006 008 img072 img073